ゲーム制作の中心的存在

ゲーム制作はゲームの根幹を成すプログラミングをするだけでは達成されるものではなく、多くの専門家が協力して携わっていくことが欠かせません。プロジェクトチームのメンバーは、誰が欠けても完成に辿り着くことができません。そして、そのゲーム開発現場で中心的人物となるのがエンジニアであり、その責任からやりがいがある現場となっています。

ユーザーの視点からするとエンジニアの行う仕事はむしろ裏方の部分であり、ゲームを華やかで魅力的なものに仕上げていくのはグラフィックやイラスト、音楽といった要素であるのは明らかです。それをただつなぎあわせてゲームという形にしただけと思われてしまいがちですが、開発現場での認識はユーザーからの視点とは異なっています。どれだけ素晴らしいグラフィックや音楽を作り上げたとしても、それがゲームとして最終形にならなければ世の中に出ることはありません。そのシステムの考案を行ってプログラムを作り上げていくエンジニアは、ゲーム制作における中心的人物として理解されているのが一般的なのです。

ゲーム制作においてはリレーのアンカーの役割を果すことになるとも言えるため、その責任の高さからやりがいを感じて携わることになる人も多くなっています。ユーザーからの認識の違いこそあれ、普段の仕事場で掛けられる期待が大きいことが特徴であり、自分の持っているスキルに自信がある人ほど高い気概を持って取り組める現場となっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です